太宰府 パチンコ ドラゴンズ

太宰府 パチンコ ドラゴンズ

あなたも好きかも:シュタイン ズ ゲート スロット アプリ
いつの間にか山口の背中には剣状態で鞘に収まったエパータムが括り付けられているのに気付く

いつの間に……と思いながらもみんなの最終確認をマーシーと眺めていると、操縦フロアの壁のない部分から三体の人型兵器が音もなく次々に入ってきた

「二階から飛んできたの?」「二階から外回りで飛んで来たんですよー」「そうすか……」当たり前だが三体とも守護天使そっくりである

体長は山口と同じく百八十ちょっと超えたくらいだ

三体は足音も出さずに山口、タズマエそしてミシカの背後にスッと周りこんで直立不動の姿勢のまま停まった

マーシーが俺の頭の上から「準備ができたようですねー」間延びした声で言ってきたので仲間たちにゆっくりと近寄る

「もう行くんだよな?」と尋ねると、全員がゆっくりと頷いてきて「くれぐれも気をつけてな」と俺が言うのと同時に三人とも同時に人型兵器に背後から抱えられてそのまま、壁のない場所から連れ去られて下へと落ちていった

唖然としながら、下を見下ろすと一面に透明なドームに囲まれた緑が所せましと生えていて真っ黒な高層ビルが大量に建っている街が延々と広がっていた

そこに向かって、三人を抱えた三体の人型兵器はとてつもない勢いでぶっ飛んで行っている

「あの……マンションの安全装置は……?」三体の落下速度がおかしい

マーシーは俺の頭の上から、のんびりした声で「我々が一時的に解除しましたー

あなたも好きかも:パチンコ 北斗転生 釘
 お三方が到着次第、設定し直しますのでご安心をー

あなたも好きかも:1本 パチンコ
 あとですねー全員共鳴粒子のシールドに 守られているので、身体的なダメージは ございませんー大丈夫ですよー」「う、うん……手荒すぎるけど まあ、安全なら許すわ……」「都市の防衛システムを掻い潜るために あれが最低の速度でございますよー

 手荒に思えたのならば申し訳ございませんー」「手荒なのも、理由があったのか

 ……いや、適当言って悪かった」「いえいえーお気になさらずー」謝りつつ、顔を出して下の街をよく見てみる

あれが間違いなくミシカの家のあるディズナブルなんちゃらって街だな……