ルーレット 数字 配列

ルーレット 数字 配列

 普通ならば、目が覚めたときに背中が痛くなるだろうが、僕ならば大丈夫だ

「……はあ」 溜息をつき、静かな夜の音に耳を傾ける

 今度こそ、ゆっくり眠れそうだと、瞼を少しずつ落とそうとするのだが――視界の端っこで、ひょこひょこ動く物体を見つけてしまう

 それは暗闇の中を泳ぐ黒い染みのようで、すぐに影を利用した魔法の『隠密』であるとわかった

 そして、ここまで僕に悟らせなかったとなると、一人しか候補はいない

 苦笑いを浮かべて、その名を呼ぶ

あなたも好きかも:ストリートファイター4 スロット 天井 スルー
「リーパー?」 呼ばれた黒い染みは、その場で動かないことで誤魔化そうとした

 しかし、僕は決して視線を切らない

あなたも好きかも:テキサスホールデム オンライン 無料
 彼女は観念して、ぬるりと、プールからあがる子供のような動きで部屋の影から這い出てくる

 現れたのは黒装束に黒髪褐色の少女

 なぜか、もぐもぐと口を動かしていた

「やっぱり、リーパーか……

どうしたの?」「ん? えーっと、お祝いかな? 九個目(・・・)のさ」「…………

その口の中のは?」「ひっひっひ、ばれては仕方ない

台所にあったローウェンのお菓子の残骸は全て頂いたぞぉ」 嘘ではない

 確かに、隠れて料理を食べていたようだが――本命は別だろう

「残り物を漁らなくても、ちゃんと同じものを作ってるよ

ほら」 あえて、そこには触れず、僕は『持ち物』から予備の皿を取り出した