ぱちんこ フラッシュ

ぱちんこ フラッシュ

 今までお見舞いに行っていた個人部屋ではなく、別の病室へと案内されると、数人の看護婦たちと、両親らしき男女の姿が目に映った

反町が彼らに頭を下げ、「いいですか?」と尋ねると、母親が「どうぞ」と笑顔で答え、みんな、それぞれ挨拶をしつつ、部屋の中へと足を踏み入れた

「おはよう」 ベッドの上、加奈が笑顔でみんなを迎えると、反町たちを押し退けて「加奈せんぱーい!!」と真っ先に相川が笑顔で飛びつき来客用の椅子を陣取った

みんなに睨まれ、図々しいまでの彼に、加奈は「ふふっ」と愉快げに笑った

「おはよう相川君

元気だねー」「オレの元気、分けてあげるよ!」と、相川が嬉しそうな笑顔で身を乗り出すと、「やめろ、加奈ちゃんに馬鹿が移る」と、洋一が突っ込み、「そやそや

あなたも好きかも:涼宮ハルヒの スロット
相川の元気もろたら馬鹿ももらう羽目になるで」と、大介も真顔で続く

 二人を睨み付ける相川を見てクスクスと笑う加奈に、優樹はベッドの脇に近寄って、顔を覗き込み窺った

あなたも好きかも:パチンコ 富士見
「調子は? どう?」 微笑んで問い掛けると、加奈は笑顔で頷いた

あなたも好きかも:パチスロ バイオハザード 天井
「絶好調

手術も怖くないよ

それよりも、がんばって早く治さなきゃって思っちゃって

早く元気になりたい」「うん

そうだね」 笑顔の加奈に、優樹も笑顔で頷き返す

「それよりも……、お姉さんのお見合いは?」 急に真顔で問う加奈に、優樹は少し顔をしかめた

「鈴木さん、今は人のことより自分のことを考えた方がいいよ」「だって気になるんだもん」 加奈は拗ねるように口を軽く尖らせて続けた

「お姉さん、やっぱりお見合いに行っちゃった?」 間を置いてコクンと頷くと、加奈は「そう……」と少し視線を落とす