バカラ クリスマスオーナメント 2017

バカラ クリスマスオーナメント 2017

『いや、サシではないかな

此方は執事のロックを傍らに置くことになる』ピーンが今度は何かしら意味を含んだ様な笑みを浮かべて、傍らにいる執事の肩をポンッと叩くと、ロックは珍しく澄ました顔をして1歩前に出た

それから右足を引き、右手を体に添え、左手を横方向へ水平に差し、執事は領主夫人と賓客に恭しく頭を下げる

『グロー様を尋ねてロブロウにいらっしゃった、お客様は帯剣をなされておりますので、私が万が一を考えてお客様の剣を預からせていただきます』下げた頭を上げながら、正面の位置にいる二人にそれぞれに向けた感情をのせて視線を向ける

――カリンに対して"旦那様の事は、私がお守りいたします"と

――グロリオーサには"例え賓客殿の迎えのご友人であるとも、ビネガー家を害するものは、この私が許しません"と

『何、グロリオーサがアングレカム・パドリックの頭が良いと誉めるものだから、"老獪の賢者"としては気になってね

あなたも好きかも:スロット 予算 3 万
1つ、智恵比べをさせてもらおうかなぁと』サラッとピーンがそんな事を言う

『え、ピーン、あんた賢者だったのか?』三度目の驚いた顔をしたグロリオーサに、思わず口を空けて、どうして賓客を置いていくのだろうと困惑するカリンと、澄ましているのを放棄せざるえなくなったロックが、不貞不貞しく笑う二人の"主"でもある賢者を見つめた

『『賢者と言うことを、仰っていなかったんですか!?』』『アッハハハハハ!大成功♪』カリンとロックの声が揃って耳に入った途端にピーンは書斎を小走りに駆け出し、領主様!、お待ちください旦那様!、という大好きな二人の声を後方で聞いた

あなたも好きかも:パチンコ カイジ3 一服予告 火つかず
(やっぱり、カリンとロックの驚きのリアクションは最高だなぁ〜♪

あなたも好きかも:佐賀市 パチンコ ゴールドラッシュ
凝りに凝って仕込んでいた下準備を使って、イタズラをした甲斐がある)後ろから聞こえてきた、2人の声を思い出して、またピーンは笑うが、今度は子どものように無邪気なものだった

ちなみに"ロブロウ領主が賢者である"という事を、別段隠しているわけではない

隠しているわけではないのだが、ピーン自身が賢者よりは"ロブロウ領主の仕事"に重きを置いている姿勢だった

その為に領主邸の家族は妻を筆頭に、使用人は執事も頭として、"仕事"に関する事以外ではなるべく領主を"賢者"として、接しないように始める