北斗の拳 てんしょう スロット

北斗の拳 てんしょう スロット

何とか、それを超えると巨大な横大穴が空いているのが見えてきて、その端まで俺たちは進んで行く

恐る恐る中を覗き込むと、最下層には青白い炎が揺らめいている

「……なんでまったく同じなんだよ」俺には答えずに、美射は大穴の中を覗き込むと「おーい!ラベルヴァーナ!ちょっと話があるんだけどー!」大声を下に向けて放った

しばらくメイリンと手を繋いだまま待っていると大穴の中から、三メートル近い身長の腰ミノのみを履いた浅黒いマッチョな大男が出てくる

顔は人間と言うよりゴリラやチンパンジーなどの類人猿に近く茶色の硬そうな髪の毛は無造作に伸びて、頭の上で爆発したような感じだ

あなたも好きかも:パチンコ はねもの
右の心臓に当たる場所に、槍で突かれたような大きな穴が開いていて冥界に来た死因はそこだろうとはっきりと分かる

ラベルヴァーナと呼ばれた異様な男はその高すぎる長身から、俺たちを見回して「……メイリン……か……」低く掠れた、しかし、はっきり通る声で美射に言ってきた

「そうよ

この町で結婚式を挙げさせたいの

あなたも好きかも:ヤフー アプリ スロット
 許可をちょうだい」美射は一歩進みでると冷めた声で、彼を見上げながら言う

「……よい……ただし……代わり……もの……くれ……」ゴツゴツした大きな右手を差し出してきたラベルヴァーナに美射は頷いて、腹に手を当てると、目を瞑り「昔々、あるところに女の子と男の子が居ました

あなたも好きかも:秋葉原 ゲーセン スロット
 女の子はずっと、男の子を慕っていましたが 男の子は、女の子の献身的な支えにも関わらずに まったく女の子のことを振り向きませんでした

 そしてある時、二人を悲しい運命が襲うのです

 二人は遠い場所に引き離されました