バイオハザード スロット 設定判別

バイオハザード スロット 設定判別

 憑依術を取得したガーネの魔法専門家には私の姿を見せておらず、内政での指示でターイズへと向かわせていた

 そして警邏中の私がその素性を訪ねておき、彼と接触後に心当たりとしてその専門家の所へ連れて行った

 その後の流れはほとんどが同じであった

 彼の発言から山賊の拠点を知った段階でラグドー隊の皆と共に制圧する

 捕虜への尋問でラグドー隊は苦戦したが彼が自ら進言し、同じ方法を行って見せた

 彼は僅かな時間からカラ爺と親しくなっておりその進言もカラ爺が採用したのだ

 彼に死霊術の知識を与えるマーヤとの接触ができないことについては、私がラクラからメジス視点での話を伝えることでなんとかなった

あなたも好きかも:ウィスキー バカラ
 ドコラの資料についてはガーネから手配書を回し、ターイズに届け彼の手元へ運ばせた

あなたも好きかも:パチンコ 宵越し はまり
 そして迎えるドコラ討伐の前日、部隊配置を決める際には彼が先に動いた

あなたも好きかも:パチンコ ソルジャー 天国
 人数の少ないラグドー隊を遊撃に回し同様の形に持っていったのだ

 世話になった私への恩返しとのことを彼は後で語ってくれた

「(尚書様って恩を感じやすい方ですよねぇ)」「そうだな、現実世界でも私のために――」 感傷に浸るのは今度にしよう、今はやれることをやるだけだ

 ドコラとの決戦も無事に終わる

 できれば彼とドコラを会話させたくは無かったが、この会話が無ければ彼は本を手に入れることができない

 少しだけ我慢をし、そしてドコラの首を刎ねた