へら ルレット

へら ルレット

あ、あと俺の召喚魔人のヴァロノスと白毛のグリフォンは、仲間だから攻撃しないように頼む」『わかりました

それってまさかヴァロノス男爵のことですか? あの人はっきり言ってクズですけど』「ははは、確かにな

でも大丈夫だ、これからはトイレと下水掃除専門男爵としてこき使ってやるさ」『ふふふ、なんですかそれ』「あとな、これを着ておけ、ソニア」 予備のローブを渡す

事情を知らない味方が、魔人のソニアを攻撃しないように、顔を隠したほうがいいよな

『ありがとうございます

ふふっ、主様の匂いがします』「え、マジで? 悪い、臭かったか?」『いいえ、とっても危険な香りがします』「なにそれ!? やっぱり臭いんじゃ……」 ローブをくんかくんかするソニア

なんか恥ずかしいからやめて……『……主様、もしよろしければ、このローブ私にいただけませんか?』「別に構わないけど、そんな飾りっ気のないので良いのか? ローブくらい、もっとかわいいやつとか街で買ってやるぞ」『ダメです! これが良いんです……』 大事そうにローブを抱きしめるソニア

あなたも好きかも:パチンコ メガガイア 岩槻
まあ、本人が良いって言うならいいか

あなたも好きかも:スロット エウレカao 楽曲変化
死神のローブって汚れないから、基本的に予備いらないんだけどね

あなたも好きかも:パチンコ オトフェス
また適当に街で買うか

『では、現場まで転移しましょうか、さあ、主様(あるじさま)どうぞ……』 両手を広げてこちらを向くソニア

くっ、言えない、すでに転移が使えるなんて言えるはずがない

だって彼女に恥をかかせるわけにはいかないではないか!ここは彼女の厚意をありがたく受けようではないか

迷うことなどない、男らしく遠慮なくくっつかせていただく

とても柔らかいです