ペイパル カジノ

ペイパル カジノ

頭に血が上った状態と優柔不断で戦うのが一番駄目だからねぇ」「けどまあ、それもさっきのスキルで解決したみたいだね

思ったよりも早い復活だよ

あなたも好きかも:花の慶次 戦極めし傾奇者の宴 スロット
ライト」 自然と口から謝罪の言葉が漏れていた

 いや、漏れて良かった

本音を話せたからな

あなたも好きかも:シスタークエスト パチスロ
だけどまだ竜帝は倒れていない

残り体力は先程に比べたら圧倒的に少なくなっているが、Lv500の今の俺達が戦うには強すぎるモンスターという事実は変わっていないからな

「皆! やる気を無くして悪かった! 残り体力ライフ二人分! やれるか!?」「当然です! ライトさん!」「もち!」「ああ

やれるね」「当然よ

分かり切った事!」「当たり前だね!」「よっしゃあ! ライトさんの復活だ!」「何かしたんだろうけど、よく分かんねえからまあいいか!」「ああ! 加速系の何かならライトさんが落ち込んでいた体感はほんの数秒だ!」「俄然やる気が出てきたァッ!」 俺の声に全員が反応してくれる

馬鹿だったな

あなたも好きかも:クロちゃん バカラ
こんなに頼りになる人達が仲間に居ながら、私情を優先して諦めていたんだから

 レベル差なんて、この世界なら乗り越えられる

 俺達と竜帝の戦闘

それは竜帝の残り体力が僅かになる事で継続するのだった

「一気に仕掛けるぞ!」「「「オオオォォォォッ!!!」」」 叫ぶ事で気合いを入れ、残り体力が僅かな竜帝に向かって突き進む

当然闇雲な特攻ではなく、油断はせずに敵の様子は窺《うかが》いながらの行動だ

 この体力ならある程度削り終えた後に必殺スキルを叩き込めば、勝ちがより鮮明に見えてくる