天下布武 スロット

天下布武 スロット

「あと、もう一つ今だから言うべきなのだろうことがある

あなたも好きかも:新富 町 パチンコ
…………冬告げの舞踏会でネアと彼が一緒に居るのを見て、やっとそなたに言えるのだろうかと考えたのだ」「ディートリンデ?」「そなたの曾祖父にあたる、エーヴァルトとアルテアは親しくしていた

あの魔物にはもしかしたらそこまで深入りしていた自覚はないのか、或いはそれすらも興味本位の一環であった可能性もあるが、多い時には月に三回くらいは飲みに出かけていたのではないか?」「……………アルテアが、………?」その言葉に驚き、そして思い出したのはネアの何気ない一言だ

あなたも好きかも:スロット プレミアムハナハナ サイドランプ
いつだったかネアが、アルテアに気に入られているのではないかと言ってきたことがあったのだ

その時は、それはネアを気に入っているからだろうと考えて苦笑するにとどめていたが、もしそれが、かつて気に入っていた人間の最後の血族でもあるからだとすれば

(……………そうして残り、繋がるものがあるのだとすれば)そうするとなぜか、今更ではあるが、やはり自分はここに暮らしたウィームの王族達の末裔であるのだという感慨が胸に沁みいる

魔物は気紛れで、特にあの魔物は、ネア以外の誰かにそこまで心を砕きはしないだろうと思っていた

だがもし、この身に残る何かを少しでも彼が汲み上げるのであれば、それはあの魔物がいかにも魔物らしいが故にどれだけこの心を助けるか

(もしかしたらそれは、私の身に流れる血など何の関係もないことなのかもしれないが……)それでも、そんな些細なことがなぜか、エーダリアには大きな承認のように思えたのだ

「…………私は、かつて一つの国家であった頃のウィームを知らないのだ」「そうだな

そなたはその頃のこの土地を知らない」「だが、母でさえも知らずに焦がれ続けたこの土地を、いつかこの血の起源のある土地に戻ると願ったこのウィームを、私は何よりも愛しているのだろう

………だからこそ、この体に流れるヴェルリア王家の血を憎んだこともあった」その告白をする時、エーダリアは自分がもっと冷静ではいられないのだろうと考えていた

けれども言葉は静かに穏やかに滑り落ち、エーダリアはそんな自分へと進み歩めたことに安堵した

「だが、…………幸いにも、私は今の父上を、ヴェルリアの王族であるということ以外の部分で、憎いと思ったことはない

それに、…………兄上のことも、………その、感謝している」「そう言う場合は、兄上のことは割と好きだと言っておくのがいいだろう」「…………す、好きなのだろう

…………そして、私をウィームのものとして認識し、何かを齎してくれる者達が居る限り、私は自身をウィームの人間として誇れるのだと思う」上手くまとめられないままに思いの丈をそう言葉にすれば、ディートリンデがゆったりと微笑んだ

大きな雪を纏う木の下で、どこまでも続く雪原を背景にして六枚羽を広げた雪の妖精は、この上なく美しく、そしてウィームそのものだという感じがして目を奪われる