難波 パチンコ イベント日

難波 パチンコ イベント日

長屋はもっと酷い、と言うかこちらは手入れされている形跡もない

「ごめんくださーい

アーヴィン市長のハークスです

こちらにゲンというご老人はいらっしゃいませんかー?」 ドア……と呼ぶにはもう役目を成していない、開きっぱなしのそれを叩いて彼女は呼びかける

しばらくすると、老人の代わりに何か金属製の鍋でもひっくり返したような物音だけ顔をのぞかせた

「……ごめんくださーい…………アギト、行くわよ」 面倒臭いという態度を露骨すぎるほど顔と声と態度に表して、彼女は僕の手を引いて小屋の中へ入っていく

玄関……もなにも無さそうなので、無遠慮に土足で上がり込んだが……こう泥だらけゴミだらけの床だ、そもそもこの世界で土足厳禁の文化を見たことも無し

あなたも好きかも:小牧 パチンコ 求人
構わないだろう

 入って少しも進まないうちに音の出所がわかった

ここだけやたらボロボロ……と言うかベコベコに木の壁が凹んでいる

あなたも好きかも:パチンコ マクロス 泣きの一回
そしてすぐ足元にはロープを括り付けたバケツ…………いや、これは兜……?「おう? なんだおい、客人じゃねえか

珍しいな、大体デカイ音立ててほっとけば帰る奴ばっかりだってのに

余所モンか?」 老人、と言うには随分若々しい

筋骨隆々という言葉がぴったりな褐色の肌に、癖の強い暗い茶色の髪を伸ばしっぱなしにした大男がロープの先の部屋に寝そべっていた