巣鴨 スロット ゲームセンター

巣鴨 スロット ゲームセンター

「わたくしも、《獅子の尾》勤務が良かったんです」「そうなんですか?」 セツナは多少の驚きを以って、アレグリアを見た

彼女は、少しばかり気恥ずかしそうに目線を落としている

その恥ずかしげな態度がまた、色っぽい

マリアがそんな彼女をからかうようにいった

「アレグリアも隊長殿に惚れてるからねえ」「え?」 といって反応したのは、ミリュウだが

あなたも好きかも:パチスロ 戦コレ3
 アレグリアが慌ててマリアに反論する

「あ、あの、マリア姉さん、そういうことではなくて、ですね?」「隊長殿の側で働きたいって、ずっといってたじゃないか」「そ、それはそうなんですが」「そうなんだ?」「そうなんですよ、隊長殿

この子、寝ても冷めてもセツナ様、セツナ様ってうるさいのなんの」「マリア姉さん、もう、やめて……」 真っ赤になった顔面を両手で覆うアレグリアの様子は、幼い少女のようですらあった

そんなアレグリアを愛おしそうに見つめるマリアの目はいかにも優しい、マリアがアレグリアを実の妹のように可愛がっているという話は、本当なのだろう

あなたも好きかも:携帯空気清浄機 パチンコ
 そんなふたりを遠目に眺めるのが、ミリュウだ

「……参謀局はなに、あたしのセツナをどうしたいわけ?」「まあ、参謀局にしてみれば、セツナ様をどう運用するかについて議論を交わすのは、日常茶飯事ですから、自然、セツナ様のことばかり考えるのも仕方ないかと」 エインが当然のように言うと、アレグリアがものすごい勢いで頷き、エインの部下たちも首肯して同意を示した

「なるほど……そういうことなら仕方ないわね――ってなるか!」 ミリュウは叫び、足刀を繰り出してエインの胴を狙う

あなたも好きかも:ハイスクールオブザ デッド パチンコ 出玉
だが、エインはそれを完全に見きっていた

「甘い! その程度、予測の範囲内ですよ!」 後ろに飛んでかわしたエインの動きは、とても戦術家の身体能力には思えない

彼は元々、ログナーではアスタル=ラナディースの親衛隊の隊士だったのだ