笑うセールスマン スロット モード移行

笑うセールスマン スロット モード移行

そういうことらしい

「その―――魔法陣ですか

魔術師殿の方でも発見されたとか?」 続けて、自然に話しかけてきたファリスに冷たい視線を送る

あなたも好きかも:パチスロ フリーズ 確率
微妙にこれはファリスにとってはご褒美なんだよな……

しかし、あの魔法陣についての情報も得られるかもしれない

ここは真面目に対応しておくか

あなたも好きかも:オンラインゲーム 寝不足
「うーん、幼稚で洗練されていない魔法陣なんですけど……短時間で描ける代物じゃないのは確かですね」「ほう……?」「つまり、気付かなかっただけで、何年も、いや何十年も? 前から、あの魔法陣は、そこにあったんでしょうね

石畳の敷設工事の時期を調べればわかるんじゃないですかね?」「誰が、何のために作ったんだ?」 ザンの問いには肩を竦めておいた

「仕掛けた人や目的については推測になりますけど――――」 続けて下さい、とファリスが潤んだ目で促した

「石畳、つまり公共工事に魔法陣を組み込むように指示できる立場の人はそう多くないでしょう

時期的には定かではありませんけど、王都三層が最も外周に近かった頃ではないかと」「つまり、あれは王都防衛の施設で、それを命じたのは王都の……」「蛮族とやらと対峙していた頃の、当時のロンデニオンの為政者が設置を命じたんでしょうね

それはまあ、どうでもいいんです

問題は、あれが設置されていることを知っていて、利用しようとした人―――恐らく団体でしょう―――がいるってことでしょうね」「む……」 思考誘導のつもりはないけれど、我々とは全然別の思想を持つ団体が暗躍しているのだ、と騎士団が認定することは重要だ

あなたも好きかも:グランブルーファンタジー カジノ
少なくともお互いを敵視しないで済む

「魔法陣がある、という情報は持っていても、運用するには大がかり過ぎて、一人で行うのは無理、となれば複数人が同じ思想で動いていることになりますか」 ブリジットがなるほど、と一人頷く

「魔術師ギルドを一番に疑いたいところですけど、動きはないんですよね?」 ジロッとファリスを見る

「誓って

卿にも、魔術師ギルドにも動きはありませんでした」「正体不明の、古い知識を持ち、高度な魔法技術を持つ団体……」 ブリジットが敵の正体を推し量る