大阪 パチンコ 取材日

大阪 パチンコ 取材日

……自分のホンマの顔、鏡に映してみぃや

その顔と同じ顔しとるわ、相手も」 一平は苛立ち気味に少し目を細めていたが、深く息を吐き、そして、「……さぁー、寝よ寝よ」と、大きく背伸びをして立ち上がると、足軽に二階へと向かった

「ホンマにあいつは……」と大介は肩を竦めあとを追い、「なんのことだーっ!!」と、相川も、そして勝則も慌てて追い掛けた

 その背中を見送り、視界から消えたあと、立花は反町を見た

あなたも好きかも:アメリカ 医療費 ブラックジャック
「……あいつは気が優しいし、特に、オンナの涙ってのに弱いからな

……何かあったのかもな」「去年、流がいない時って結構、一平と優樹って一緒にいたよなぁ? 部室にもよく一緒に顔出してたし」 シレ……と白川が言う

 洋一はじぃー……と反町を見て、「……オレ、知ぃーらない」 そう言ってのんびりとした足で二階へと行く

白川も「枕投げして遊ぼーぜ!」と元気よく駆け上がって行った

 立花は小さくため息を吐くと、横目で反町を窺った

あなたも好きかも:戦国乙女 3 スロット
「……好きなんだろ? 告った方が良くねぇ?」「……」「こりゃあ忠告だろ

おまえの気持ちを知って悪さするようなヤツじゃねえけど……、余程のことがない限り、滅多にあんな怒り方はしないからな、あいつ」「……」「何をためらってンのか知らねぇけど……、あとで泣きっ面かくのはテメェだぞ」 そう言って二階へと向かう

 残された反町はじっとどこかを見つめていたが、その目を窓の外へと向けた

あなたも好きかも:ケリ 姫 スイーツ スロット
ゆっくりと目を細めてボンヤリと街灯の点る森を見つめていたが、ふと、少し顔をしかめた

 ……少し離れた森、木々が立ち並ぶ向こうに女性がいる

誰かを待っているようにも見えるが、夜の寒い中、薄着でじっと佇んでいる

 反町は窓へと近付いて、その女性を訝しげに凝視した

 身動きすることなく闇夜にただじっと佇む女性――