パチンコ 沼津

パチンコ 沼津

応接室に入り、ソファにテーブルを挟んで、それぞれ分かれて対面で座る

周囲の壁にも新しい絵画が、山ほどかけられているが目を引くものは無い

「ネイサン執事からお話は聞いていると思いますが……」「ええ、メイリンの件ですよね」「さっそくお話を聞かせてもらって、宜しいでしょうか?」「いいですよ」「うちは、席外して、絵を見て回るわ」「うん

いいのあったら教えてよ」「もちよ

あなたも好きかも:ひぐらしのなく頃に煌 スロット 天井
じゃあとでー」タガグロは楽しそうに、応接間から出ていった

メイリンとの出会いや、書道を教えることになった経緯を差し支えない程度に端折りながら説明する

もちろんロ・ゼルターナ神の関わりについては伏せた

二人は目を丸くして、「その、ピンクのうさぎのぬいぐるみが、二人を結び付けてくれたんですか……」と質問してくる

「そうですね

あなたも好きかも:秋葉原 スロット サイバー
不思議なこともあるものです」俺はすっとぼけて、そう答える

「そしてメイリンさんからその時、貰った資金が、 最近のローレシアンの奴隷十万人解放の資金源にもなったと……」「たまたまそうなっただけですよ」「いえ、これも大スクープですよ

あなたも好きかも:フーターズ カジノ
この様な推測は誰もしていませんから……」「ええ、失礼な言い方になりますが、 タジマ様が裏で武力を使い、マーケットの主催者を脅したという見方が一般的です」半分はあっている

確かにマナカを俺は脅した

そういえば、マナカはどうしたんだろうか

あれから会っていない

呆気に取られていた二人は、しばらくするとやっと気を取り直して「では、イェフの作品について、お聞きしたいのですが」と俺に訊いてくる