パチスロ オオネ

パチスロ オオネ

これは、少しきちんと考えた方が良いかな?」「そうですね

私やコレットはまだ今日だけで済むのでいいですが、さすがにこれから毎日は辛いと思います」 考助の言葉に追随するように、シルヴィアが頷く

 先ほどの視線には余裕をもって耐えていたシルヴィアだったが、さすがに毎日は勘弁してほしいというのが本音なのだ

あなたも好きかも:福山 パチンコ 優良店
 シルヴィアがそこまでの発言をしたことで、考助も悩むように腕を組んだ

「うーん

あなたも好きかも:plaza 福井 パチンコ
そうはいってもなあ

あまり道具に頼るようなことはさせたくないなあ・・・・・・」 そんなことを言い出した考助に、セイヤとシアは目を見開いた

「えっ!? 道具でどうにかできるの?」「そんな便利なものが?」 驚くふたりに、考助は当然という顔で頷いた

「それはあるよ

だって、偵察とかそっち方面では、必須の能力だからね」 気配を隠す物、姿を見えなくする物などなど、周囲からの注目を避けるための魔道具は、作ろうと思えばいくらでも作れる

 だが、そういう系の道具に頼っていると、いつまで経っても人の視線に慣れることができないので、渡すのを控えていたのだ

 これは、単に感覚でそう考えているわけではなく、出会ったばかりのコレットやシルヴィアを相手に経験したことだった

あなたも好きかも:リング パチンコ 呪いの七日間 確信
 実際にそれらの道具を使ったことのあるシルヴィアとコレットは、考助の言葉を聞いてほぼ同時に頷いていた

「そうね

やっぱりあれは止めた方がいいわよね」「そうですね

本当の意味での最終手段ですが、成長期のいまは止めたほうが良いです」 シルヴィアとコレットからもそう断言をされて、セイヤとシアは黙り込んだ

 その顔が、本当の意味でまずいのだということが理解できたのだ