リゼロ スロット 設定

リゼロ スロット 設定

トゥール・リッペ将軍は麾下にベッキング大佐支隊を加え、サン=カンタン~ル・カトー鉄道線東方に展開・駐留せよ

現在第一軍の傘下にある第16旅団の4個大隊*は今後ラ・フェールに駐屯する予定のため現在地から鉄道で当地に向けて出立せよ」※22日に第70「ライン第8」連隊の第1,2中隊は後備部隊と交代してアム守備隊の任を解かれ第16師団に帰着しました

ゲーベン将軍は別途第69「ライン第7」連隊の第1、Fの2個大隊にペロンヌ要塞守備を命じ、また本隊に戻るためアミアンから行軍中だった第70連隊の第2大隊はペロンヌ要塞で留められ一時守備隊に編入となりました

※22日、フュージリア第86連隊第2、3大隊がラ・フェールに向けて行軍を開始、第96連隊の第1、2大隊は翌23日に行軍を始め、それぞれ24日と25日に専用輸送列車に乗車、ラ・フェールに到着しました

 この22日、「カンブレ要塞が降伏する兆候あり」との真偽不明の情報がフォン・デア・グレーベン将軍に届き、将軍はツー・ドーナ将軍の騎兵第7旅団に野砲兵第7連隊の騎砲兵第1中隊を付して要塞南郊へ進ませます

あなたも好きかも:パチンコ ルパンザエンド 雷雲
現地に至ったツー・ドーナ将軍は要塞司令官に白旗の使者を送り開城を促しましたが、司令官はこれを拒絶したため使者は手ぶらで帰り、騎兵旅団もまた元の宿営地へと戻りました

あなたも好きかも:カジノ チップ 四角
 ゲーベン将軍はこの日本営をサン=カンタンまで下がらせます

前進するゲーベン将軍と幕僚たち 1月23日

あなたも好きかも:久喜 パチンコ 閉店
 独第一軍は少数の破壊工作隊や斥候による複数の鉄道破壊と電信線切断工作のほか、ザクセン騎兵による目立つ行動を記録しています

 トゥール・リッペ将軍はこの日、仏軍の2個大隊が北部要塞地帯の一要塞ル・ケノワ(カンブレの東北東30キロ

比較的当時の姿・星形稜堡の形状を留めている街として有名です)からランドルシーに向けて行軍中との「確実な」情報を得て、この部隊到着で要塞守備隊が強化される前に要塞を攻略してしまおう、と考えました

そこでルーアン(セーヌ河口域)南郊の諸戦闘に続いてサン=カンタン会戦でも活躍したフォン・メアーシャイト=ヒュレッセム中佐に対し、歩兵1個大隊・騎兵1個中隊・砲兵1個中隊を率いル・カトーから、部下の騎兵第23「ザクセン騎兵第1」旅団長、カール・ハインリッヒ・タシーロ・クルーク・フォン・ニッダ少将に対し猟兵第12「ザクセン」大隊と騎兵1個中隊、砲兵1個中隊でカティヨン=シュル=サンブル(ル・カトーの東南東7.7キロ)から、それぞれ進発させ共にギーズ街道(現・国道D934号線)上をランドルシー要塞目指して前進させるのです

※1月23日・ザクセン騎兵「兵団」によるランドルシー攻略隊*メアーシャイト=ヒュレッセム隊(ル・カトーより)○第41「オストプロイセン第5」連隊・第2大隊○槍騎兵第17「ザクセン第1」連隊・第3中隊○野砲兵第1「オストプロイセン」連隊・重砲第3中隊*クルーク・フォン・ニッダ隊(カティヨン=シュル=サンブルより)○猟兵第12「ザクセン第1/王太子」大隊○ザクセン王国近衛「ライター」騎兵連隊・第3中隊○野砲兵第12「ザクセン」連隊・騎砲兵第2中隊 百戦錬磨の指揮官に率いられた両縦隊は午後2時、ランドルシー要塞近郊に到着し、要塞稜壁上に構えた守備隊と短時間ですが激しい銃撃を交わしました

その後先行したヒュレッセム隊の第41連隊第7中隊は仏守備隊の遊撃隊をランドルシー停車場から駆逐しますが、この間に北西から接近していた仏増援の2個大隊は独軍に妨害されることなく要塞北方口から要塞内に入城してしまい、守備隊が自分たちより倍以上となってしまった独の両支隊は潔く直ちに踵を返しル・カトーに向け撤退行軍に入ったのでした

 1月24日

 在サン=カンタンのフォン・ゲーベン将軍は予備第3師団(この時点でも予備騎兵第3旅団はバルネコウ将軍の第16師団傘下となっています)に対し「近衛混成騎兵旅団と共にル・カトーまで退く」よう命じ、ペロンヌ要塞守備隊中第16師団の3個(第69連隊第1、Fと第70連隊第2)大隊に対し「ソンム左岸カピー(ペロンヌの西13キロ)及びブレイ=シュル=ソンム(ソンム右岸