ゲームセンター スロット 100円

ゲームセンター スロット 100円

オープンタイプのドットサイトを覗き込む彼女の目つきは、明らかにいつもよりも鋭い

 では、彼女に仕留めてもらおうか

 ラウラに目配せし、何とか原形を留めている金属製のドアノブに手をかけたまま、ナタリアに道を譲るようにドアの左側へと移動する

あなたも好きかも:クレア スロット
ラウラも利き手である左手でセレクターレバーをフルオートに切り替えつつ、ドアの真正面に立つナタリアをバックアップする準備をする

あなたも好きかも:武蔵新城 パチンコ 換金率
 はっきり言うと、この3人の中で練度が一番低いのは彼女だ

銃などの現代兵器の扱い方は知っているとはいえ、実際にそれを扱った時間は俺たちに大きく劣る

 経験はかなり大きな武器になるからな

 けれども、彼女に「俺が代わりに突入する」と言うつもりはなかった

 銃を構えるナタリアに目配せして、彼女が完全に準備を終えた瞬間に、俺は壊れかけのドアノブを捻ってから思い切り建物の内側へと押し込んだ

15年ぶりにかつてここに住んでいた少女を迎え入れることになった家のドアは、軋む音と床に転がる小さな破片や瓦礫を跳ね飛ばす音を奏でながら内側へと進んでいき、玄関で俺たちを待ち構えていた馬鹿なゴブリンの眉間を問答無用で打ち据える

 ごつん、と人間の頭を板で殴りつけたような音と、不意打ちされたゴブリンの悲鳴

その後に飛び込んでいったのは、サプレッサー付きのSMG(サブマシンガン)が吐き出した9mm弾の無慈悲な弾幕だった

『ギィッ――――――――――』 独特な声を発しながら、ナタリアの逆鱗に触れてしまった哀れなゴブリンが崩れ落ちる音がする

微かなゴブリンの体臭と砂埃の臭いの中に鮮血の臭いが溶け込み、嗅ぎ慣れた臭いへと変貌したのを知った俺は、すぐにベリルを家の中へと向けた

 やっぱり、玄関には蜂の巣にされたゴブリンが倒れていた

胸板に数発と下顎に2発分の風穴があり、眉間と脳天の間に3つほど風穴が縦に並んでいるのが分かる

 胸板だけでも十分なのに、頭にもぶち込んだのか

「…………………なあ、これはナタリアのお母さんじゃないよな?」「当たり前よ