ジャックポットシティカジノ

ジャックポットシティカジノ

 そして、家では言えない愚痴を零す父さんのお話でした

 これで、閑話は全て終了とします

 次回は、第二部 神殿の巫女見習い プロローグです

私はフェルディナンド

エーレンフェストの街の神殿で神官長を務めている

あなたも好きかも:ダクソ3 集中 スロット
よく25歳くらい、下手したら30歳くらいと間違われるが、20歳である

 若さが足りない、枯れているなどと異母兄からはよく言われているが、それは生活環境によるものだ

 私は成人するまで貴族社会で育った

あなたも好きかも:集結の園へ スロット
愛妾の子であったが、礎の魔術具を扱えるだけの魔力があったため、そして、自分で言うのも何だが、勉学が苦ではなく得意であったため、異母兄を補佐する立場として育てられた

あなたも好きかも:スロット fg
父の本妻とはともかく、異母兄との仲は悪くなかった

 しかし、本妻は異母兄の補佐をする私が気に入らなかったようで、父の死後、私はあからさまに排斥され始めた

権力に群がる大人達は本妻の意見に賛同し、実の母親は当てにならず、身の危険を感じ始めた頃、異母兄が神殿に入ることを勧めてくれたのだ

 神殿に入ることは貴族社会から見ると、政治の世界から抜けると宣言することに他ならない

けれど、神殿もまた魔力を使い、神事を行うため、政治の世界とは密接な関係を持っている