ブラックジャック ピノコ 何話

ブラックジャック ピノコ 何話

早く戻れるように」 わたしは指輪のはまっている手を窓から出して、アレクシスに近付いてくるように言うと、ルングシュメールの癒しをかけた

緑の光に傷を癒されたアレクシスが回復薬を一気飲みして、新しい回復薬を腰の革ベルトに引っ掛ける

「やられました!」 今度はナターリエが飛び込んできた

アレクシスは表情を厳しくすると、飲み終わった瓶をブリュンヒルデに渡して、兜を被り、ナターリエと入れ替わるように騎獣に乗って飛び出していく

「ナターリエ、こちらへ

ルングシュメールの癒しを」「恐れ入ります、ローゼマイン様」 ナターリエに癒しをかけていると、今度は二人の騎士見習いが盾に飛び込んできた

ダンケルフェルガーの守りに人数を割かせ、こちらの方が人数的に有利な状態で戦っているはずなのに回復を求める人数が増えてきている

あなたも好きかも:スロット おすすめ6号機
回復に戻る者が増えると戦場の人数は拮抗し、エーレンフェストはすぐに不利になってしまう

「戦況はどうなのですか?」「良くはありません

あなたも好きかも:スロット 5万負けた
私の代わりにマティアスが、彼の代わりにレオノーレが戦っています」 戦場を見回して、指示を出す二人が攻撃に回らなければならない状況になっているらしい

 ……マティアスはトラウゴットやラウレンツの交代要員じゃなかった!? わたしは慌てて青いマント一つに二人がかりで戦っているエーレンフェストのマントを探す

最初から全力で戦っていたトラウゴットの動きが鈍っていて、今はラウレンツが前面に出てトラウゴットが補佐的な動きをしていた

「トラウゴット、一度戻れ!」 トラウゴットはすでに回復が必要な状態なのだろう

ラウレンツの声が響く

けれど、トラウゴットは「駄目だ!」と叫んだ

「私は其方と二人でラールタルクを押さえることを命じられている

交代要員が来るか、別の命令があるまでここを離れられぬ