スロット バキュン

スロット バキュン

《ここに穴を空けて接続するんだけど、水が漏れると困っちゃうからさ、陶器で覆いを作ってほしいんだ》 片手に燭台を持っているので説明しづらい

《こう……かの?》 ノーム爺さんは、私のアバウトなお願いを聞いて、接続部分が西側になるので―――五メトルほどにわたって、南北下水道の本管を分ける流線型のカバーを作った

《いい形だ、素晴らしいよ、爺さん》《ふっ……

褒めても土しか出んぞ?》「――――『結合』」 施工後に切り離すことにして、今は接着してしまおう

流れる水に邪魔されながら、接続予定地点を覆い終わる

 流量が激増した場合、ここがボトルネックになって南側に水が溢れてしまうかもしれない

接続工事は早めにやった方がよさそう

あなたも好きかも:パチンコ ジアス 立川店
「!?」 殺気? 見られている? 一体、何に?「――――『気配探知』」 慌ててアクティブで気配探知を使う

 何だ? 十体ほどの小生物?「ネズミか」 対応するまでもない、と思った瞬間、奴(・)ら(・)は、恐れもせずに飛びかかってきた

あなたも好きかも:龍が如く of the end パチスロ
「!?」 サッと燭台を前に出し、ネズミ共の足を止める

あなたも好きかも:六号機 スロット
 しかしどうしよう、ここは丸い土管の中、殺傷能力のあるスキルは内壁の煉瓦を傷つけてしまう

 躊躇する私を感じてか、ネズミ共は薄く広がり、再度歩みを進める

「ネズミだけにちゅう……ちょ……」 馬鹿なことを言っていないで対策を考えなければ

火系はガスなんかが出ていたら危ない

水系、風系は煉瓦を傷つける

土系はもっと大規模に壊してしまう

なんてことだ、攻撃ができないじゃないか!シャアッ! 勇敢なネズミ共――――思わず尻尾を立てる、あの歌を思い出してしまう――――が飛びかかってくる

「ちっ」 すでに火を恐れない