ゴッド・オブ・ウェルス

ゴッド・オブ・ウェルス

もし、恋人に他に好きな人ができたにゃら、恋人に幸せなって欲しいから、ワチシからバイバイにゃ~』多分、ライなら本当にあっさりそうするだろう

彼女を幼い頃から知っているリコには、それがわかった

ただリコも存じ上げている、ライの恋人は、そんな『裏切り』なんぞ全くしそうにない人物である

あなたも好きかも:パチンコ 観光 意味
「――――やはり、類は友というか似た人を呼ぶんですかね?

それに恋愛経験が少ないもの同士が、知らない事をあーだこーだ言っても非生産的です

とりあえずウサギに頼まれた事を、しっかりやっておきますか?」アルセンがあっさり結論を出すと、リコは考え込むのは止めた

あなたも好きかも:パチンコ 勝てる人 割合
それから自然に笑う

確かにアルセンのいう通りだと思ったからだ

「そうですね

思えばアルセン様はどうしてこちらへ?」調べている資料の本を、抱えなおしながらリコが尋ねた

「気まぐれな"親戚"がたまにこちらに来るので、来てみたんですが――――今日は来ないみたいですね」ぐるりと資料室を見渡しながら、アルセンが言う

「アルセン様のご親族―――王族系の方なら、確かに申請とか、大変ですものね

あなたも好きかも:フリーゲーム カジノ rpg
会うなら『偶然』が、一番いいですもの」実際に王族や貴族の護衛をしているリコは、任務を実施する前の打合せで、本日護衛対象と謁見する人物の一覧を眺めると、早い者や優先順位が高いものでも、申請してから2日はかかっているのもある

本当に"偶然"に出会えないと、面倒臭い奴なんで」そしてアルセンが逢いたいのは、この国で最も申請するのが面倒くさい人物、"国王陛下"

見習いパン職人に扮して、ここに来ていると思ったが、今日は"当て"が外れたらしい

「―――今日はリコさんの調べものに『お付き合いさせて貰って良いですか?』」「『ええ、どうぞ付き合ってください』」リコが楽しそうに微笑んで言うと、机に突っ伏しているライの耳が器用にピクリと動いた