ブラックジャック ova 11

ブラックジャック ova 11

これは良いわね

早く食べたいわ

 そんな中、ラヴァは一人、ニコニコとしながらこう言ったわ

『真っ黒なのだ!』 明らかに他意のない言葉ではあったものの、その言葉にイカは凍りついたように固まってしまったわ

あなたも好きかも:パチンコ 景品 金額
ラヴァ?本人も気にしているんだし、その辺は触れないでいるのが大人の対応よ...! それから、慌てたようにイカは話しかけてきたわ

やっぱり、気にしていたのね

「そーやねん

真っ黒やろ?ホンマにだいじょーぶか?」『ん?何を心配しておるのだ?我は見たままを言っただけなのだが

』「いや、そーやなくて、ホンマに食べれるんかっちゅーことを聞きたくてやな?」 イカの当然の疑問をラヴァは呆れた目を向けながらごく普通のことのように言ったわ

『何を言っておるのだ?美味しいものは見た目など関係なく美味しいのだ

つまり、黒いのも珍しいというだけで忌避する理由にはならないのである

あなたも好きかも:パチンコ 公表 法的根拠
』「...そか

」 ラヴァのその言葉を確かめるように頷いた後、イカは晴れやかに笑ったわ

イカなのに笑っているのが何故か分かるというのはもう今更だから置いておくとして、ラヴァ?せっかくいい事を言ったのだから、呆れた目なのはやめておいた方がいいと思うわよ?...まあ、今回はその方が自然に見えて良かったかもしれないけれど

 とにかく品物は受け取ったし、代金も払ったのだから邪魔にならないように移動するとしましょうか

「にゃぁにゃ

」「おー

またなぁ