偽物語 スロット エピソード

偽物語 スロット エピソード

行くぞ、お呼びだ」「うえー……」「嫌か?」「かーちゃんの後っていうプレッシャーが」「ああ、なんだそんなことか」「なんだって、簡単に言うけどさあ」 五六に抱えられて清音がステージから降りて、ぽんぽんと火丁の頭を軽く叩いてすれ違う

五六も微笑んだまま、マイクを少止に渡した

 ステージはそこそこの高さがある

だから少止もまた、火丁を抱きかかえて軽く跳躍することで上に上がり、足から火丁を下ろした

あなたも好きかも:恵比寿 バカラ シャンパン
「あんがと」「歌えるか?」「どうしよ、頭真っ白

明るくて観客見えないね」「ああ……俺は後ろで見てる

いつも通り歌え

あなたも好きかも:ラブ嬢 スロット 天井恩恵
技術を競うわけじゃないんだ、いつもみたいに火丁が思うように歌ってみろ

それだけだ」「ん――まあ、いいけどさ」「マイクはいるか?」「あ、一応挨拶しとく」 度胸があるのは良いことだと思い、マイクを渡して後ろに下がった少止は、表情を作ることすら止めて、自然体でいる時の無表情のまま、腕を組んで火丁の背中越しに全体を見渡した

 何人かの、意味を込めた視線が飛んでくる

大半は、ざまあみろ、みたいなものだ

それを受け取りながら、少止は一切反応しない

「えーっと、あ、どうも、娘です

あなたも好きかも:スロット 評価 ブラックジャック
清音さんの歌を聞きに来て、そりゃないよって感じだろうけど、一曲だけおつきあいください」 ぺこりと頭を下げて、マイクを後ろへ放り投げ、それは少止の手元に吸い込まれるようにして落ち着いた

 清音が、自分のために歌うように

 火丁はいつだって――少止のために歌うのだ

 声を上げる