聖闘士星矢 ゴールドセイント スロット

聖闘士星矢 ゴールドセイント スロット

機内にキャシーの声で「では、風向きが最適になりましたらリリースしますので そのまま滑空していってください

良い空の旅を」と通信が入って切れる

「ほら、但馬、早くこの機体に風のご加護をー」「えーと、このグライダーに風の加護を与える

 落ちずに、命じるがままに飛び続けよ」「満点!!」美射が後部座席から肩を叩いて褒めてくる

同時に開ききった上側のハッチの端までグライダーを吊ってきたロボットアームが「ガチャンッ」と音をして機体を放してすうっとと自然に空へと飛び出した

あなたも好きかも:マカオ 空港 カジノ
「グライダーよ

ローロンナ島へ向かえ」と一応言っておく

「これでいいかな?」と後ろに座る美射に振り返ると「完璧ね

あなたも好きかも:minecraft modding スロット
わぁーいい景色だなー」風に滑るように静かに南へと飛んでいくグライダーの窓から美射が空を眺める

あなたも好きかも:スロット メーカー トリビー
「なあ、ちょっとさっきの話の続きなんだけど」「いいよー答えられるのなら何でも言うよー」「元の世界に帰るとかも、 お前が一人で全部何とかできなかったの?上位神なんだろ?」前々から気になっていたことを尋ねてみる

わざわざ面倒くさいことをやって、俺や菅を育てる必要はまったくない気がするんだが

「んーどう言ったらいいかなー」美射はしばらく考えてから「私の本体は"制約"が物凄く厳しくて重いと言ったらいいかな……

 長い時間をかけて色んな方法を試してみたんだけど、どうしても私一人では 限界があるというか……」「制約?」そんなもの無さそうに好き勝手やってるように見えるが……

だからねーさっきの計画もねーその"制約"を "但馬への想い"で一点突破して全部破棄しようってことだったのよ

 但馬さえ居れば、私は他のことはいつだって全て捨てられるし」「……よくわからないな」「だけどねー」美射はクスクス笑いながら「今になって思えば、きっと私が但馬のためだけにその制約を破棄したら とても但馬が苦しんだと思うから……」「うん?」さっきから今一、話がつかめない

「その解決は但馬に任せるわ

ナホンに来たら分かるから」「なんかもしかして、また重い話になってる?」「かもねー