リノ スロット 転落目

リノ スロット 転落目

この田舎にやって来て、父親に義母の傍に、極々小さい風と水の精霊が舞っているのアングレカムはその綺麗な緑の瞳で見つけていた

精霊達も自分達に気が付いていて、人の中では形の整った綺麗な男の子に、クスクスと笑いながらそう告げてくれたのだと話す

―――アングレカム、そんなちっちゃいのに魔法が使えるのか?!

恐らくは"同い年"の男の子に、ちっちゃいと言われて何となく複雑な表情を浮かべながらも、アングレカムは取り合えず頷いた

あなたも好きかも:クラウドゲーム オンラインゲーム 違い
―――ちゃんと師事した先生もいない、魔法に携わるお客さんから教えてもらった程度ですけれどね

それに、感覚で扱う精霊術ですから

あなたも好きかも:高崎 パチンコ しんこう
そう言って、指先からポッと小さな火のトカゲを出して見せたなら、ジュリアンは"おおっ?!"と声を出して驚く

その声に釣られて、花畑で遊んでいた妹も反応し、振り返って見たならば兄の指先にある、宝石のように紅い輝きに興味を惹かれて走って戻ってくる

―――おや、貴女もこれが好きなんですか?

走って戻ってきた妹に尋ねたなら、無言で頷いていた

―――これは、唯一、私を産んでくれた母親という人に教えて貰ったんですよ

ジュリアンと妹に向けて言ったなら、男の子は普通に"へー"と声を出して感心して、妹はまだ無言で熱心に見ている

"これはね、私の大切な方がとても好きな魔法なの

本人にも、理由はわからないけれども、とっても惹かれるですって"寝込むようになってから、母親がそう言ってアングレカムに囁くような声で言って、教えてくれた