パチンコ 平塚 閉店

パチンコ 平塚 閉店

朝、報復された事はムカついたけれど、あの時ネェツアークさんがオレを肩に載っけて言ってた言葉は、本気でしたよね?」"リリィさんは、当分まだ暫く―――いいえ、結構な間は結婚なんて、言葉すら考えなくていい事をだと思いますよ、ええ

とりあえずは、お世話になっているらしいトラッド君の上司の賢者様にしっかりとっても、甘えて子どもをしていれば良いと、私は絶対思います"「ええ、そうですね

あなたも好きかも:パチンコ 枚数
とても、素直なお嬢さんだったので、幸せになって欲しいと思ったので、そう言わせて頂きました」澄ました様子で答えるが、これには、ネェツアークの方が表には出さないが、内心で物凄く焦っていた

一応、ルイと、それにアルスと同様で、リリィとも"国王の直轄部隊の鳶目兎耳"として、先程の早朝に、3人の子供たちと"産まれて初めて出逢った"という事なっている

リリィとは、"お仕置き中の2人の少年"より早く出逢ってはいるが、冷静に考えたなら、その前に込み入った話をしていたとしても、"結構な間は結婚なんて、言葉すら考えなくいい"という言葉は、流石に言い過ぎた(かもしれない)と今ならば思える

(いや、リリィは可愛いから今から牽制しておかないと、でもいきなりすぎたか?いや、しかし)ネェツアークが内心で言い訳と焦りを討論させているのを他所に、ルイはちょっと俯いて、丁度あの後から会えていないリリィの事を思い出しながら、再び口を開いた

「ネェツアークさんに言われて、考えてみたんですけれど

今のオレの中で絶対に守りたいものは、リリィです」下げていた頭をあげて、力の入らない身体ながらも、ルイは真っ直ぐに、背の高い男を見つめて断言する

あなたも好きかも:朝一狙えるスロット
その真っ直ぐな言葉に、雑念は直ぐに頭の隅に片付けた

「本当は、世話になっている"グランドール・マクガフィン"って言うべきなんなんだろうけれど、オッサン強いし」 自分をいずれ"息子"にするという、恩義があるグランドールに報いたいとは思うが、そこは"守る"という事では、やんちゃ坊主には出来ない

あなたも好きかも:パチンコ 新台販売台数
「それに、オッサンの事なら勝ち負けじゃないけれど、オレ以上に守りたいと思っている人がいるし」「アルセン・パドリック様ですね」「やっぱり鳶目兎耳って、そういった友人関係とかの情報も、まあ、オッサンが国の英雄とかしているからだろうけれど、持っているんすね」間髪いれずネェツアークが答えるオッサンの親友の名前に、胡座をかくように座って、今は砂埃まみれの足袋だけになっている、自分の爪先を両手で包みながら、ルイは苦笑する

「ええ、何せ、グランドール・マクガフィン様とアルセン・パドリック様だけが、今はセリサンセウム国の英雄として、対外的にも、活躍なさってくれていますから

平和なご時世ですから、今は式典の時に、王家専属の仕立屋スタイナー様が誂(あつら)えた英雄の服を来て参加なさるぐらいですが」「じゃあ、オッサン、本当はそういったの大っ嫌いなのも知ってはいるんですよね?」「存じ上げております

しかしながら、グランドール・マクガフィン様が式典等に出席なさる事で、武力に関して随分と他国への牽制になりますから、"王様"の命令で出ていただいておりますよ