パチンコ オーギヤ

パチンコ オーギヤ

一度視線を合わせると、神官長が促してきた

「領主からの話とは何だ?」「神官長を還俗させたいそうです」 わたしが領主との会話をかいつまんで話すと、神官長は「まだ気に病んでいたのか

あなたも好きかも:パチンコ 遠隔操作を見抜く方法
面倒くさい」と溜息を吐いた

「養父様の言った通り、利点は多いと思います」「ジルヴェスターが敢えて言わなかった欠点もあるが、な」 皮肉るように笑うと、神官長は少し眉を寄せて、こめかみをトントンと叩く

 貴族の立場に戻れるとなれば、大喜びで神殿から出るのが普通の反応だろうが、神官長は「面倒くさい」と言った

あなたも好きかも:パチスロ 恵比寿マスカッツ 天井期待値
神官長の様子があまり還俗するのに積極的ではないように感じて、わたしはグッと拳を握った

「……どうされますか? 還俗するのが嫌ならば、わたくし、養父様に進言いたしますけれど」「いや、その必要はない

神官長としての立場が変わらないと確約が得られるならば、君にとっての損もないだろうし、領主の決定に異を唱えるのは止めておいた方が良い

それに、ジルヴェスターの言った通り、使える手足は多い方が良いかもしれぬ

……私についていることでエックハルトやユストクスはつまらぬ悪意に晒されているからな」 淡々と述べられる言葉に眉が寄っていくのを止めることができない

わたしはむむっと一度唇を引き結び、神官長を睨む

 神官長の言葉に出てくるのは全部他人の事情だ

わたしの損得やエックハルト兄様達の立場はこの際どうでも良い

わたしは神官長が還俗したいのかどうかを聞いているのだ