ばくさい パチンコ 愛媛

ばくさい パチンコ 愛媛

いつもありがとうねえ、猫さん」「変わりはにゃい?」「うん、大丈夫

大将呼ぼうか?」「それはべつにいらんにゃ

お代はこっち、ほいにゃ」「まいど

ごゆっくりねえ」「……おう、嬢ちゃん

追加で二本くれるか」「味は何にします?」「餡子が乗ってるのが良いなァ」「はいはい、かしこまりました」 お代を渡してやれば、すぐに追加を用意して持ってきて、お茶も新しいものに替えてくれる

空いたお皿も自然な動作で下げていた

「雲が多いにゃあ」「おゥ、夕方には雨だぜ」 独り言にも似たものに、静香は声を返す

「あの女子(おなご)はお前ェさんのことを知ってンのかよゥ」「知らないにゃ」「だろうなァ、はははは」「あっしはそんなに下手かにゃ?」「比べるモンがねェよゥ」 だが、そもそも静香にとっての鍛錬とは、彼女のような〝妖魔〟と戦うためのものだ

その気配を間違えるはずがない

あなたも好きかも:パチンコ 規制 2019
「猫目にゃ」「雨天だ」 名乗りに対して即応する

あなたも好きかも:スロット 天井狙い 勝てない
それこそ無警戒とも思える判断だが、それが度量に繋がると知っているし――そもそも

「お前ェさんは人として生きてるンだろ

そう思ったから何もしやしねェンだよゥ」「こうやって団子でも食べれば、人なんか襲わなくたって大丈夫にゃ

あっしみたいな高位に限りだけどにゃあ」「そんなモンか」「おみゃあさんは――ん? 武術家にゃのか?」「人を見る目がねェなァ」「おっそろしいんだにゃ、人が相手を見抜く目、すごいにゃ」 団子を食べながらも、二度も頷く猫目からは、嘘や冗談の気配がない

元元が違う存在なのだ、互いに知らぬことは多く、また、生活や立場が違うため、習得しているものも違う

そういった点を上からではなく、同じ立場として感じた故の言葉だ

 おそらく、珍しい妖魔なのだろう