パチンコ ガロ ファイナル 信頼 度

パチンコ ガロ ファイナル 信頼 度

「じゃあ師匠、今日はこれからどうします?」「そうだな・・・どうせここにいるんだからついでに訓練をやっていけ

ライリーベル、今日からさっそく訓練の様子を見ていくといい

エアリスはとっとと帰れ」「え?あ・・・はい・・・」文とエアリスの露骨な扱いの違いにその場にいた全員が眉をひそめてしまう

それぞれの弟子に修行の様子を見せる事や、時折助言や指導をすることは認めたがそれ以外の人間に、いやそれ以外の魔術師にその風景を見せるという事を認めたわけではないのだ

それは十分に理解できるのだがこの扱いはあまりにも露骨すぎるのではないかと思えて康太と真理は不安そうに視線を小百合とエアリスに移していく

あなたも好きかも:パチンコ 前日データ
「あの・・・師匠・・・」「構わない

あなたも好きかも:埼玉 八潮 スロット
ベル、しっかりと勉強してきなさい

この子にあって自分にないものをしっかりと見て感じて学習するんだよ」「・・・は・・・はい!」まるで師匠のようなセリフだと、康太と真理は感動してしまっていた

そうだ、これこそ普通の師弟関係なのだなと、普通ではない師匠を持ってしまった二人は涙さえ浮かべてしまっていた

うらやましい

そんな感情を弟子二人が持っていることを理解しながら小百合は小さくため息をつく

「ビー、さっさと始めるぞ

あなたも好きかも:ジョーズ パチンコ 初代
ジョアは準備しておけ」「了解です」「じゃあ先に行ってますね

エアリス・ロゥ、今日はこれで失礼します」「あぁ、こちらも今日はこれで失礼する

さすがにこいつの顔も見飽きてきた」「二度と見えないようにしてやろうか?」真理が頭を下げたところでまた喧嘩が勃発しそうだったので康太は小百合を強引に地下へと移動させようとしていた

毎度毎度真理に頼ってばかりではいけない

真理の負担を少しでも軽くするために小百合を少しでもコントロールできるようにならなければと意気込み、康太は小百合の背を押しながらエアリスに軽く頭を下げていた

こうして初めての正式な魔術師としての戦い、そして同級生の魔術師との会合は幕を下ろす