スロット アスカ 爆 サイ

スロット アスカ 爆 サイ

何かあるんだろうなと思いながらも俺は黙って頷いた

もうここまで来たのならばやり遂げて欲しい

あなたも好きかも:大阪 パチンコ 開店時間
カメラに遠く映された降下している巨大異物の美射の金属の顔は閉じられた両目や口から緑色の液体を垂らしていて不気味だ

「美射は気絶してんのかな……」「……だろうな……まだ……あの体……に 慣れて……いない……はずだ……」「ああ、さっきだいぶ奇声を上げてたから 疲れたのか……」何か、ずっととんでもないものを見せられて、とんでもないことを聞かされ続けている気がするのはきっと、気のせいだろうな……

いや、気のせいじゃないかもしれないが気のせいと言うことにしよう……うん、それがいい……

あなたも好きかも:仙石 パチンコ 信頼度
などと思いながらいよいよ、オギュミノスの横たわった巨体に伸びていく異物の下から生えた金属の腕の先の手を見つめる

「駄目だよ、一斗

女の子よりも先に諦めたりしたら」 反射的に声のした方に振り返る

「一度格好つけたなら、最後まで私たちに格好良いところを見せてよね」 黒の長髪でツインテールにしていて、見た目は非の打ち所がないくらいの美少女

 髪の色と同じ黒いローブを着て、見覚えのある杖を持っている

 そこには、ずっと会いたかった存在が微笑みながら姿を現していた

「「マイ!?」」「はいはい、詳しい話はあとでね

今はあれを先に片付けるよ!」 マイの杖が向く先には、依然高速で接近する隕石があった