スロット 戦コレ2 シナリオ

スロット 戦コレ2 シナリオ

(やっぱり、あいつらか) セツナは、自分たちも攻撃に加わりながらも味方を激励し、鼓舞して回る二名の君子こそがこの戦いの元凶であると見た

彼らがいっていたことも事実ではあるだろう

二君子に関係なく、アガタラのウィレドたちは皆、大君のためならば死ぬ覚悟があり、大君の仇を討ちたいという気持ちがあるということがだ

あなたも好きかも:偽物語 パチンコ 甘 ボーダー
しかし、先ほど、セツナが”破壊光線”を撃ったとき、ウィレドたちは一様に動きを止めたのだ

死ぬことを覚悟しているものが、いかに強力無比とはいえ、敵の攻撃を目の当たりにして動きを止めるものだろうか

あなたも好きかも:ネギま パチンコ 信頼度
 彼らの覚悟を馬鹿にしているつもりはないが、必ずしも、二君子とそれ以外のウィレドたちが同じ温度でこの戦場にいるというわけではなさそうだった

もしかすると、ほかのウィレドたちは、交渉の余地があるのではないか

交渉はできなくとも、追い散らすことくらいはできるのではないか

 たとえば、二君子さえいなくなれば

あなたも好きかも:ニンジャガイデン2 パチンコ
 大君に寵愛されてきた君子と、それ以外のウィレドたちの間に温度差があったとしてもなんら不思議ではないし、むしろ当然のことのように思える

(とはいえ……) 二君子を斃せば状況は良くなるのかどうかといえば、いまのところなにもいえなかった

むしろ、二君子を説得できればそれに越したことはないのだが、大君の弔い合戦に全力を上げている彼らが話を聞いてくれるはずもない

ここは、二君子を斃した後、アガタラ軍の同行に賭けるしかないのかもしれない

 そのとき、無数の光線が幾重にも曲線を描きながらセツナの視界を縦断していった

召喚武装による地上からの攻撃は、複数のウィレドを巻き込み、つぎつぎと打ちのめしていく

地上からの攻撃はそれにとどまらない

火線が走ったかと思うと、上空にいくつもの爆発が起きた

大気が渦を巻いて螺旋を描き、ウィレドたちを飲み込んでいく

そして、なにやら強大な力の波が無数のウィレドを地上の森へと引きずり下ろしていった