パチンコ akb48 攻略法

パチンコ akb48 攻略法

別にそのくらい構わない

あなたも好きかも:スロット マジンガーz ゼウスラッシュ
ああ、そのくらいならっ

そのくらいなら大丈夫だ!」 しかし、カナミが大きな声で「大丈夫」と繰り返してしまい、私の唐突で恥ずかしい提案が棄却されることはなかった

あなたも好きかも:オンライン麻雀 賭け 違法
 引くに引けなくなった私たちは、おずおずと慎重に近づいていく

互いに互いに向かって、ゆっくりと『糸』を手繰り寄せるように――「そ、そこまで気合入れなくていいよ……? 試し、これは試しだからさ……」「ああ、試しだ

試しでいこう……」 まずカナミが手を伸ばして、私の身体を引き寄せた

 私とカナミの身長差はさほどない

なので、必然的に二つの紅潮した顔が近づくことになる

慌てて私たちは無駄に高い反射神経を用いて、見詰め合う形を避けた

私は右に、カナミは左に、それぞれ頭部を動かすことで、互いの肩に顎を乗せ合った

 戦闘でもないのに、私もカナミも見事な回避だったと思う

 ただ、次は密着状態となったことで、互いの体温が混じり合っていく

 ふと視線を横に逸らすと、カナミの黒髪の先端が微かに揺れていた

そこには私の金髪の先端も微かに揺れているのが見える

 なぜだろうか、肉体的接触よりも互いの髪が触れ合うほうが恥ずかしかった

 抱き合う男女は本で何度も読んだことがあったけれど、髪の先同士の触れ合いはかなり新鮮だった

 続いてカナミの心臓の音が、肌を通して伝わってくる

私の心臓の音と重なっていくにつれて、明らかに体内を駆け巡る血液が増えていく