パチンコ ハリウッド 広島

パチンコ ハリウッド 広島

 それを実感したティティーは、少しだけ名残惜しそうに話す

あなたも好きかも:7/7 パチンコ イベント
「ここまで楽しかったぞ、かなみん

けれど、もう終わりのようじゃ」「ああ、もう終わりみたいだな」 これで楽しい『帰り道』は終わり

あなたも好きかも:パチスロ はだしのゲン
遊び時間も終わり

 ティティーと僕が一緒に遊ぶことは、もう二度とないだろう

 それを二人で決め合って、少し寂しげに笑いあう

「――あっ! それで、この者らはどうするのじゃ? かなり強めに頭をやったからのう

死んでなければよいが……」 その寂しさを振り払うように、ティティーはいつものように元気よく振る舞い、倒れた『魔石人間(ジュエルクルス)』たちを指差した

「いや、呼吸はしてるから死んではいないよ

あなたも好きかも:カジノ 世界地図
ただ、このまま置いておくのもまずいな」 アイドの言うとおりならば、彼女たちは『北連盟』から『第二迷宮都市ダリル』に差し向けられた密偵か何かだ

この状態で放っておけば、南の兵たちに捕まって酷い目に遭うかもしれない

 一人だけ気絶していなかったルージュが倒れた仲間たちに回復魔法をかけているのを見ながら、僕は彼女たちの処遇について考える

 そうしている内に、倒れた『魔石人間(ジュエルクルス)』が一人ずつ意識を取り戻していく

「が、頑丈だな……」 ノワールちゃんは当然として、他の皆も何かしらの特殊な理由があるのだろう

 立ち上がれはせずとも、よろけながら身体を起こそうとしていた

 その中でノワールちゃんだけが呪詛を呟き、まだ戦意を保っていた