パチンコ ユニフォーム マルハン

パチンコ ユニフォーム マルハン

・・・・・・えっと、前に房の掃除が追い付かなかったときに、次の日見たらスライムたちが喜んでいた気がしたから・・・・・・」 ゼロがそう答えると、後ろで話を聞いていたシルヴィアとフローリアが同時に顔を見合わせた

 ふたりは、スライムのとある習性を知っているので、ゼロのその言葉が正しいとわかったのだ

 勿論、考助もそのことをわかった上で、ゼロにニコリと笑顔を向けた

「そうか

あなたも好きかも:柏駅 スロット 優良店
君にはスライムたちが喜んでいるように見えたんだね?」「・・・・・・はい

あなたも好きかも:埼玉県 パチンコ屋 イベント
なんとなく、ですけれど

それに、わざとごみとかを上げても同じように見えたから・・・・・・」 改めて考助に問いかけられて、ゼロは自信なさげな表情になって頷いた

あなたも好きかも:パチンコ 一発大
 そのゼロの頭を一度軽く撫でた考助は、職員に視線を向けて言った

「ゼロが言っていることは間違っていません

指示以外のことをしていたことを叱るのは良いですが、やっていたことを怒るのは止めてもらえませんか?」「はい? どういうことでしょうか?」 考助の言葉に、職員は狐に騙されたような顔になった

「スライムというのは、完全に綺麗な環境でいるよりも、時折汚れた場所に居させたほうが良いのですよ

もし、スライムを長生きさせたいと考えているのであれば、ゼロのやり方は間違いではないのです」 そう続けて考助が説明をすると、職員は戸惑いながらも反論して来た

「そう、なのでしょうか? 少なくとも私はそんな話は聞いたことが無いのですが・・・・・・」「そうなのですか? これだけスライムを飼っているところなので、私は逆に気付ていると思っていましたよ?」 考助はそう言いながらも、これだけ整った施設であれば、一度確立した方法以外を試すことは少ないだろうなとも考えていた

 さらに、スライムは程度に餌さえ与えておけば、勝手に分裂して増えてくれる

 わざわざ寿命のことまで考えたことが無いということも想像できた