パチスロ 好きな台

パチスロ 好きな台

 やはり、いまの重心移動は、僕に距離を詰めさせるための罠だったのだ

 僕が動かないことを感じたローウェンは、さらに重心を移動させる

あなたも好きかも:シャトル21 パチンコ
不規則に右へ左へと動かし、僕の構えを少しずつ崩していく

あなたも好きかも:今池 コスモ スロット
 ――途中、ときには何も考えずに、唐突で恐ろしく速い一閃が放たれることもある

 その全てが、瞬きすら許されない一瞬のうちに凝縮されているのだから、冗談ではなかった

 フェイント合戦になり、剣の交差は見るからに減る

 こちらは刹那の間に無数の駆け引きを行っているが、傍目から見れば遊んでいるかのように見えるだけかもしれない

 僕とローウェンは闘技場の中央で、タップダンスのようにステップを踏み続ける

 剣の燐光が舞を彩り、ときおり散る火花は鮮やかなショーライトと化す

 剣の型は舞踊に通じると聞いたことがある

 まさしく、いまの僕たちの戦いは、それだった

 世界最高の絶技のぶつかり合いが、神々しい舞いに変貌する

 あれだけ盛り上がっていた観客席が、徐々に言葉を失っていく

その誰も踏み込めぬ神聖な戦いを前に魅了され、息を呑むしかなくなっていた

 かつて僕が抱いた感情を、観客席が全員が抱いているのがわかる