映画 パチンコ屋

映画 パチンコ屋

 その後、魔法の光が地下街中心地を照らし、ラスティアラのいた地面一帯を溶かした

広範囲だからか貫通力はなかったが、じゅわりと満遍なく廃墟を均(なら)していった

 その守護者(ガーディアン)をも超える魔法を目にして、僕の走る速度は上がっていく

 そして、次のディアの攻撃が放たれる前に、なんとか僕は地下街の中心地あたりに到着する

当然のように今日の朝には存在していた屋敷は影も形もなく、廃墟どころか平地に近い状態となっている

あなたも好きかも:パチンコ カイジ セグ
 その平地の隅で、ラスティアラは一つの炎の塊と向かい合っていた

 地下街の炎と少し色の違う火柱が立っている

その人を一人呑みこむほどの火柱の中では、マリアが膝を突き、両手で自分の身体を抱き締めていた

 マリアは青白い表情で、ラスティアラに訴える

あなたも好きかも:pso2 カジノ クローディア
「――いいからラスティアラさん、早く! 遠くに逃げてください! このままだとっ、あなたを殺してしまう……! あなたがいなければ、そこまで私たちはおかしくなりませんから……!」 身じろぎ一つすらも辛そうなマリアが、空にいるディアを見上げながら、自分たちの脅威を説明している

 彼女の言葉通り、ラスティアラを自分の魔法の光で見失った様子のディアは、空で視線を彷徨わせるだけで次の魔法を放とうとする気配が無かった

 だが、そのマリアの提案をラスティアラは受け入れない

あなたも好きかも:スロット つくば
「私がいなければなんとかなる……? マリアちゃん、それじゃあ何の解決にもならない! 大丈夫、私がなんとかする!」「し、しかし……! このままだと、いずれ私も……! くっ、ぅう……!」「ごめん、マリアちゃん……! 二度と私は誰も置いていかないって決めたから……!」 マリアは額を地面に近づけて蹲り、ラスティアラはディアの説得を続けようとしている

 その二人の間に僕は割り込み、この場を受け継ぐことを伝える

「大丈夫だ、二人とも! ここからは僕がなんとかする! ライナーもラグネちゃんもいる!!」 ここまでのみんなの会話で、状況は大体わかってきた

 ノスフィーの言っていたとおり、アルティの魔法でディアは我を忘れている