戦国 乙女 2 スロット アプリ

戦国 乙女 2 スロット アプリ

 彼らに上手く噂をばらまいてもらえば、時間はかかるが、他の大陸にもその噂は広まるだろう

あなたも好きかも:深夜 営業 パチンコ
 現在ホットな話題というわけで、冒険者の間では、アマミヤの塔に関しての噂は、非常に広まりやすいのである

 それを利用することにした

 とは言え、どうしても時間はかかるだろうが、それはしょうがないと割り切るしかない

 何もしないよりは、はるかに確実性があるのだ

あなたも好きかも:オンラインゲーム 買取
 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ そんなことを考えながらも、今一番シュレインの頭を悩ませているのは、別のことだ

あなたも好きかも:猪木 パチンコ 歴代
 そんなシュレインの様子を見て、側近の一人として重用している者、ゼネットが近づいてきた

「ずいぶんと悩まれてますね」「・・・ゼネットか・・・」 ゼネットの姿を一瞥して、すぐに思考の渦に入り込もうとしたシュレインを見て、ゼネットは何故か含み笑いを浮かべた

「・・・何がおかしい?」「いえ

幼少のころより知っているシュレイン様が、まさか恋煩いにかかるとは、思ってもみませんでした」 そう

先ほどからシュレインの頭を悩ませているのは、考助とのことである

 反射的に否定しようと思ったシュレインは、すぐに思い直して黙り込んだ

 どう考えてもゼネットの言葉が正しいのである

「・・・・・・言うな

・・・吾が一番、実感しておるわ」 いつから、と問われれば、血を飲んだ時からと即答するだろう

 それほどまでに考助の血に魅かれてしまった

 だが、今はそれだけではない

蓼食う虫も好き好きというべきか、どうしようもない程に彼の全てを想っている