スロット 仮面ライダーblack 天井

スロット 仮面ライダーblack 天井

「ただ走らせるだけじゃなく、ボールを蹴りながらでもいいじゃないか

ボールの感覚がなくなったら、本番でドリブルがうまくできなくなるかもしれないんだぞ」「まぁ確かにドリブルの練習はしていないな

でも前線から足を使ってボールをチェイスすることだってストライカーの仕事だろ」 ランニングの重要性を隆に納得してもらえるよう話して聞かせる

「ストライカーは点を決めてこそだ

ただ前線からボールを追うだけなら、馬でも雇えってんだ」「馬にあの切り返しは不可能だろ」「たとえだって言ってんだよ!」 隆が大声で叫ぶと同時に部室のドアが開いた

件(くだん)の高橋コーチが立っていた

 俺と隆はびっくりして着替えの手を止め、高橋コーチを眺める

「サッカーは百二十分全力で走り続けられる者だけがトップ選手になれるんだぞ」「高校サッカーは四十分ハーフだから八十分走れればよくないですか?」「私は高校だけで終わらない選手を育てたいんだよ」「高校だけで終わらない選手?」 俺たちはその言葉に唖然とした

あなたも好きかも:another パチンコ ボーダー
「そうだ

お前たちはA代表に入れるだけのテクニックがじゅうぶんある」 コーチの次の言葉を待った

「足りないのは持久力と集中力だけなんだ」「持久力と集中力……」 パンツ一丁の隆は反復する

―――――――― これで「神の視点」が「耕太の一人称視点」に置き換わっています

あなたも好きかも:パチスロ フリーズ 確率 ランキング
 「視点固定」は早いうちに行なったほうが手間が少なくて済みます

もしこのまま「執筆」の「高速ライティング」をしてから「視点固定」を始めると、直さなければならない箇所が大幅に増えてしまいます

当然気をつけていても「推敲漏れ」が起こってしまうのです

 初回は視点や重複を気にせず伸び伸びと「ト書き」ドラフトで書き、二回目は「散文」ドラフトで「地の文と会話文」に変換するだけを考えればよい

 三回目の「視点固定」ドラフトで「視点の固定」をすれば、「執筆」でもイメージがつかみやすいですし手直しも最小限で済みます

プロットのドラフトはあくまでも執筆の前段階 「プロットのドラフト」レベルで連載して応募しているかぎり、「小説賞・新人賞」は獲れません

こんなものは小学生にだって書けます