パチンコ カニ歩き タコ粘り

パチンコ カニ歩き タコ粘り

その表情が「マズイ!」と緊張している

 だが、優樹はそれに気付くことなく、背を起こしたベッドから窺う加奈に目を移し、橋田の脇から覗き込むように背中を曲げて笑い掛けた

「おはよう加奈ちゃん

あなたも好きかも:千葉 パチンコ 開店 時間
調子はどう?」 見た目、先日訪れた時とは何も変わらない

 微笑み近寄ってくる優樹を目で追いながら加奈は苦笑いと共にため息を吐いた

「見ての通り……

あなたも好きかも:聖 闘士 星矢 パチンコ ビッグバン チャレンジ
編み物も飽きてきちゃった」 退屈しのぎで始めたのに、何を編んでいたのか、ベッドの傍にある棚に置いているかごの中に白い毛糸で作られた物が盛り上がっている

完成品は一つや二つではないようだ

 優樹は苦笑いを浮かべて枕元に立つと、編み物を目で物色した

あなたも好きかも:名古屋 御器所 パチンコ
「暖かそう

膝掛け編んでもらいたいなぁ」「二日で出来ちゃうから……流優君たちの分も作ってあげるよ」 余裕なのか、余程暇なのか、加奈は肩を竦めた後で、噴き出し笑う優樹を見上げて首を傾げた

「報告って……なあに?」 急かしている様子ではないが、最近一人で訪れることのなかった彼女が来たことに違和感を覚えたようだ

 言葉を待つ加奈に、優樹は「うん」と笑顔で頷いた

「マー君がね、もうすぐこっちに帰ってくるって」「まーくん?」 飲み物を用意し掛けていた橋田が繰り返し首を傾げた

――そういえば、彼と白川は未だ接触したことがない

 改めて「あ、面識なかったっけ」と気付いた優樹は橋田に苦笑した

「友だちなの

高校を途中で辞めちゃって、それからはお父様の事業のお手伝いをして世界を回ってて

動物が大好きでね、すごく明るくて、楽しい子」「あ、白川……さん、でしたっけ?」 何かを思い出すように視線を天井に向けて確認する橋田に、「うんそう」と優樹は笑顔で頷いた