ヤッターマン パチンコ ライブステージ

ヤッターマン パチンコ ライブステージ

「…………アルテアさんには、今日からまた私のものになって欲しいですし、これからもずっと美味しいパイを作って欲しくて、仲良しでいたいです

また私の使い魔さんになってくれますか?」ネアは、真っ直ぐに望むことを伝えてみた

するとアルテアは、なぜか片手で目元を覆ってしまうではないか

「……………むぐる

言わせておいて断る系の嫌がらせ行為なら、許しません」「……………お前な……

契約で食べ物を強請るのは、求婚並みの要求だぞ?」「むむ

あなたも好きかも:パチンコ カウンター しんどい
………しかし、美味しいものをこれからも献上して欲しいので、この際世の中の定型はぽいしましょう

何しろ、アルテアさんは美味しいものを献上したい系の魔物さんですものね!」「……………ったく」小さくそう呟き、アルテアは目元を覆っていた片手を外すと、優雅な仕草でネアの顎に指をかけて上向かせ、唇にふわりと口付けを落とした

「お前が死ぬまでは面倒を見てやる

その代わり、二度と契約の解除はするな

あなたも好きかも:宮崎 パチンコ オープン 時間
………いや、なしだ

それで誓約を完了とする」「………なぬ

解雇の自由が失われております」「当たり前だ

あなたも好きかも:ブラックジャック 小人病
そもそも使い魔の契約は本来、終生のものしかないのが一般的だぞ

その契約を解除するのは、使えない使い魔を廃棄する為に殺す時くらいなものだ」「……………そうなのですか?」「………知らなかったのか」どこか遠い目をするアルテアが少しだけ不憫になって、ネアはその腕をぽんぽんと叩いてやった

(だから、アルテアさんを解雇したと話した時に、ディノ達があんなに怯えてしまったのだわ……………)それならそうと、もっと早くに誰かに教えて欲しかったが、幸いにも大事故にはならなかったので良しとしよう