金光 パチンコ

金光 パチンコ

 今なら直接、士官獣の拠点を襲撃したら あっさり殺せると思うんじゃ」ドルナジャはしばらく考えて「私たちはやらないわ」とポツリと呟く

そして怒り顔になったパルメリアが何か言う前に「私たちの弟子がやるわ」と強く言った

「おい、ドルナジャ、俺がやるでゲスよ」子供たちを危険に晒すわけにはいかない

ドルナジャはテーブルに飛び移って両手を腰に当てながら真面目な顔で俺を見上げ「いや、ゲスナルド、これは大チャンスよ

あなたも好きかも:スロット 万枚 いくら
 メルダ君の戦闘能力と、バーシャちゃんの 判断能力を開花させるチャンスなのよ?」「少しでも危険があるなら お嬢様を戦闘に参加はさせられないでゲス」「パルメリアちゃん、士官獣自体の力は 例えば……下位闘気を纏う戦闘特化型の流れ人程度よね?」パルメリアは黙って頷いた

「じゃあ、私が知ってる程度だわ

あなたも好きかも:スロット えん魔くん 最終決戦モード
 バーシャちゃんなら、百戦して百勝するでしょうね」「うーむ……しかしでゲスな……」腕を組んで考え込みだすと部屋の扉がスライドして開いて金属骸骨のチャヌマがやる気無さそうに入ってきて続いて、怒り顔のバーシャと、キョロキョロしているメルダそしてまだ眠そうなマロンが入ってきた

驚く俺に「ゲスナルド!!なんで私たちを置いて行ったの?」バーシャはいきなり詰め寄ってくる

「……まったく申し訳ないでゲス

 とは言え、お嬢様も辺りに危険は感じなかったでゲスよな?」そう判断したので、あえて置いて行ったのだ

寝ている所を起こしたくもなかった

「そうだけど……」俺は立ちあがって言葉に詰まったバーシャを抱きしめる

「ちょっと……怖かった」「もう大丈夫でゲス

ここまではどうやって?」「ドドンガちゃんに船とサンミ―を任せて 私がみんなを案内したんだよ