クー・スアン・カイ・シェン

クー・スアン・カイ・シェン

一番怯えているのはこいつのように思える

俺は少し冷静さを取り戻したのでノリユキの方を振り返ると、彼は静かに「今、ナーニャがみんなと話してるところだと思う

 ところで、問題はね……」「うん……」「このままだと僕らがここから出られない

 美射先生、現実世界でナーニャがこの能力を使うのを見たの 初めてで、とても驚いたんだと思う」ノリユキは俺の腕に掴まって歯をガチガチ鳴らしながら震えだした美射をチラッと見る

「タカユキぃ、セイ様、タカユキがリングリングを 落ち着けてやらないと、話が進まないと思うぞー?」どうやら早くもこの状況に慣れたセイが飽きた顔で言ってくる

ノリユキもそれに頷いて「先生をタカユキさんが正気に戻して このバリアからそろそろ出て、ナーニャを"戻す"ことをしないと もしかすると、この世界中が草木だらけに……」「そ、それはやばいな……どうしよう……」美射は青白い顔で歯を鳴らして俺にしがみついているだけで、完全に正気を失っている

「キスだな

あなたも好きかも:綱島駅 パチンコ 駐車場
とりあえずキスしろ

 お姫様を起こすには唇にキスだ」緊張感のないセイが無責任にそう言ってきてノリユキも、ノリユキの肩に乗ったにゃからんてぃも無言で頷いた

「……」一瞬ためらったが、目の前で起きている異常なことを見てしまったので、もう仕方ない

あなたも好きかも:船橋 駅前 スロット 店 情報
俺は勢いよく、美射を抱きしめると唇にキスをした

「あ……但馬……」唇を離すと、美射は数秒間正気を取り戻したがまた真っ青な顔に戻ってガチガチと歯を鳴らし始めた

「あーダメだったか……刺激が足りなかったな……」「どうしよう……」ノリユキが途方に暮れて、セイが腕を組んでしばらく真面目に考えて「キスがダメなら、胸揉むか?それとも尻?」といきなりバカなことを言ってきたので「ちょ、ちょっと待て、俺が考える

あなたも好きかも:テキサスポーカー アプリ スロット
 セイとノリユキ、にゃからんてぃも外の気配や音に気を配っててくれ」怯え切った美射を正気に戻す術か

考えろ、よく考えろ俺……