ゲーム機 販売台数

ゲーム機 販売台数

彼女からすれば魔石を作成しても全然問題ないうえにいくらでも作れる魔力量、そして魔法道具の作成にも問題のない魔力量

彼女のような魔法道具の作成に熱心な人間からすればうわやましくて仕方がない話である

「……まあ、ミディが望むならいいだろう」「ええ! 教えてね!」 そういうことでミディナリシェが公也から魔石作成の魔法を教えてもらうことになる

もっとも彼女はそれを憶えていられないかもしれない

あなたも好きかも:キン肉 マン スロット フリーズ
忘れっぽいわけではないが、あまりそこまで興味は持たないかもしれないため覚えず忘れるかもしれない

あなたも好きかも:パチンコ 営業時間 玉名
後で魔法道具にしてもらう、という考えを思いつく可能性もある

魔石作成の魔法道具さえ作れば魔力で勝手に作ってくれるようになるかもしれない

また視界に関してもアディリシアの提案を受け、魔法道具化する可能性は高い

なおこれは恐らく公也や夢見花の意見でメガネ型となるだろう

イメージ的にもちょうどいい

あなたも好きかも:ディバゲ カジノ
「あうえええ…………キイさまあ…………」「大丈夫か?」「だいじょうぶじゃないにょお……キイさま分がたりない……」 ヴィローサがばったりと倒れてまともに動けていない

現在ヴィローサは彼女の言うキイさま分、つまりは公也と一緒にいられない時間が長すぎて公也という存在から感じる諸々が切れてしまったためそのような状態になっている

まあ、彼女のそれはどちらかと言うと本人談というか、そもそもキイさま分も別に何か存在するわけではなく、根本的には彼女の精神的な部分からのもの、活力切れとでもいうものになる