ぱちんこ 那覇

ぱちんこ 那覇

勝則クンに任せてるからぁ

……優樹に気を付けた方がいいよぉー? ぜぇーったいドジ践みそぉだからぁー》 自分のことは棚に上げて、だが、警告を発する華音に「ああ、わかってる」と、立花はため息混じりに頷いた

《ここ出たらすぐ次のパーツ探しに行くねぇー》「おう

がんばれよ」 《はぁーい

じゃあぁねえぇー》 気の抜けた返事のあとに通話が切れると、立花はそのまま携帯電話を優樹に返し、再び歩き出した

あなたも好きかも:めぞん一刻 パチンコ 歌
何も言わずに進む立花に優樹と相川は顔を見合わせすぐにあとを追う

「華音ちゃんと勝則君、大丈夫そうだった?」 携帯電話を鞄に入れながら横に並び見上げ聞くと、立花は道の先を見つめながら「ああ」といつもと同じ無愛想さで頷いた

あなたも好きかも:遠隔 スロット
「勝則がいるからあの二人は大丈夫だろ

……それより」 立花は歩き保って、優樹と、その隣に並ぶ相川を睨んだ

「いいな? 絶対勝手なことをすンじゃねえぞ?」 疑い深く鋭く睨まれた二人は内心ムッとしつつも「うんうんっ!」と数回強く頷く

あなたも好きかも:king pachinko nagoya
本当にわかっているのか確認出来ず、立花はため息を吐き、手に持っている写真を確認した

 一番上の写真にはマネキンの手が映っているのだが、白いテーブルの上、ある見慣れた物も一緒に映り込んでいる

フラスコだ