麻雀ゲーム 対戦

麻雀ゲーム 対戦

 長い、長い夜だ

どうしてしまおうか

リビングの電気を点けると、そこには服屋の大袋が置いてあった

あなたも好きかも:名古屋 パチンコ グランドオープン
僕のだろうか、兄さんのだろうか

分からないが男物の服が数着、出来れば僕のであって欲しいが……いい加減自分で服を買いに行くという事くらいはすべき気もするので、僕のじゃない方が……いや、やっぱり僕のだと嬉しい

あなたも好きかも:白猫 クロカ ギガスルプス スロット
 手持ちぶたささえ持て余して、逃げる様に僕は家の外に出た

別に時間さえ潰せればなんでも良かったのだが……しまった、こんな暗い住宅街で怪しい男がほっつき歩いていれば、下手すると不審者情報が流れかねない

近所の公園まで歩いたところでその思考に巡り合ったのは、いつかここで防犯ブザーを鳴らされたトラウマからだろう

この時間なら……子供もいないし平気だよ……な?「……懐かしいなあ

兄さんと父さんと、サッカーしてたっけ」 幼い日の記憶を、慣れ親しんだ公園の見慣れない姿に思い浮かべる

あなたも好きかも:ルーレット 配当
あの頃は時間の使い方なんて考える間も無く、次の楽しいことを考えたものだが……これが老いか……「…………父さん……」 僕は一つの決心をして家路に就いた

真夜中の誰もいない風景は少しだけ特別感があって、なにやら胸踊るものが無くも無かったが……いかんせん通報が怖い

急いだわけでは無いが、しかしのんびり歩きもせず、出来る限り速やかに帰宅する

まだ……新聞も来ていないみたいだ

 静かに玄関を開けて、静かに部屋に戻って

別に音は立たないが、静かさを心がけてスマホを手に取った

見るとまだ未読のメッセージが一件……あ、やっべ

早く寝よう寝ようとデンデンさんからのメール無視してたんだった

『明日からクラウンサーガ体験版が一般公開されますな! オラワクワクしてきたぞ!』 明日……明日? となれば、もしかしなくてももう出来るんです? 僕は急いでPCを立ち上げる