ルチャ・レジェンド

ルチャ・レジェンド

地響きを鳴らしながら土塊のゴーレムたちが歩いていく

 ガーリッククレイソルジャーと呼ばれているその植物系統の魔物は、根を張った地面へと干渉し土からゴーレムを生み出して自衛を行う魔物であった

 その本体があるのは首からニョキッと出ている芽の下にある胸部の心臓に位置する場所だ

あなたも好きかも:スロット 換金率 一覧
直樹は『ガーリッククレイソルジャーのすぐそば』でそれを観察しながら、頷いていた

あなたも好きかも:パチンコ 動画 海 物語 タイガー
(よし、バレてないな

前回は鉢合わせだったから混戦になったけど、今回は完全に先手を取れた

これなら行けるか) 激しい足音を立てて進んでいるガーリッククレイソルジャーのすぐそばに直樹はいた

ガーリッククレイソルジャーは近隣の生態系においては頂点に位置する存在であり、その歩みには何ものをも警戒するそぶりはなかったが、とはいえ、それだけで魔物たちが直樹のことを無視しているというわけではなかった

(しっかし、姉貴の『インビジブルナイツ』もあったし、今まであまり使ってこなかったが……こりゃ便利なもんだな) 直樹は改めて己の今の状態に感嘆する

現在の直樹はスキル『影世界の住人』によってアストラル体と化していた

この状態で気配を殺せば、よほど感覚が鋭敏な相手でもなければ気付くこともできない

直樹は物理的に自らの存在を隠したままガーリッククレイソルジャーのそばにまでたどり着いていたのである

あなたも好きかも:パチスロ 勝ちやすい台 2017
(ま、そろそろ始めますか) すでに仲間たちも配置についている

直樹が行動に移した段階で、彼らも動く手はずとなっていた

 そして闇の気配がその場で劇的に上昇した

直樹がアストラル状態のまま、狂骨の王衣を身に纏い、スキル『暗黒の呪印剣士』を発動させて全身に呪印を巡らせ、ステータスを上昇させたのだ

『ウォォオオオオオッ』 さらに直樹は狂骨の闇魔王剣エクスと黒曜の王剣を握って叫び声を上げ、その双剣の中にある闇黒物質(ダークマター)を媒介として地面にある影を浮き上がらせてその身に纏い始めた

それにより闇の因子は濃度を高め、直樹のアストラル体を物理域にまで引き上げていく