秋田 パチンコ ばくさい

秋田 パチンコ ばくさい

 ヤ、ヤバイ!! ……渡せなくなっちゃう!!「そうかー

ほな、行くヤツで行こかー」「オレ行くぅー」「えーっ、かのん、塾なのにーっ

あなたも好きかも:ブラックジャック 天井 期待値
エーンっ」「ほなまた今度誘ったるし」「絶対ねーっ!」 みんなが手をあげる中、優樹は「……わ、私も」と手を上げつつ、「ど、どうしよう!!」と心の中で焦った

 渡すチャンスが!! ……チャンスがーっ!! 校舎を出て、どんどん校門に近付いていく

みんながタクシー乗り場に向かう反町に「またあしたなー」「おつかれー」と別れを告げていく

優樹はみんなのあとをついて「……また明日ね」と、笑顔で手を振ってしまった――

 洋一は「……こいつー」と呆れ気味に目を据わらせると、学園を出て少し歩いたところでションボリと俯く優樹を突き押し、彼女が「……へ?」と顔を上げると顎をしゃくった

「行ってこい!」と、軽く睨まれた優樹はためらい、意を決してみんなにはばれないようにUターンして学園のタクシー乗り場に走った

 ……まだいますように! ……まだ帰ってませんように!! 必死な思いで走って、そこに辿り着くと、数人の生徒たちが順番にタクシーを拾っていた

近寄って、そこから反町の姿を探したが……「……」 ――いなかった

あなたも好きかも:リゼロ スロット 発展
 優樹は隅の方で息を切らしながら悲しげに俯き、持っていた、プレゼントの入った鞄を見つめた

あなたも好きかも:キカイダー パチンコ 信頼度
 ……渡せなかった

……私の馬鹿

……せっかく用意したのに

……がんばったのに

 そう考えると、段々と悲しくなってくる

 もっと早く、勇気を出しておけばよかった

朝、早く渡しておけば良かった