イニシャルd スロット 覚醒

イニシャルd スロット 覚醒

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ 初代 信頼度
そういう意味ではこういうものを覚えているのは一種のアドバンテージになるのではないかと康太は考えていた

「というわけで文!ハッピーホワイトデー!」「・・・あ、ありがとう」三月十四日、康太は自分が作った石窯製のクッキーを丁寧に包装した状態で文に渡していた

あなたも好きかも:スロット 悪魔城ドラキュラ3
丁寧に包装したといってもそこは素人の包装だ

店で売っているものに比べると雑だし、何より適当になっている

とはいえその見た目からこれが手作りであるということを察したのか、文は目に見えて驚いているようだった

「・・・確認しておくけど・・・これ手作り?」「おうよ

店の地下に石窯があってな、それで焼き上げた自信作だ

最近ずっとこればっかり作ってたから手が甘い匂いするよ」「・・・最近何かやってるとは思ってたけど・・・これを作ってたのね・・・ちゃんと食べられるの?」「失礼な!アリスやら姉さんやら神加やら師匠やらにもちゃんと毒・・・味見してもらった自信作だぞ」今毒見って言いかけたわよねと文は突っ込みたくなったが、康太がせっかく作ってくれたものを無碍にするわけにもいかない

何より包装された中身を軽く見てみると、なかなか良くできている

綺麗な形のクッキーに加え、見た目もよく、においもとてもよかった

あなたも好きかも:スロット ネット アプリ
少なくとも普通に食べられるクッキーに見える

「さぁ食え、今食え

感想を聞かせるのだ」「そ、そんなにせかさないでよ・・・それじゃ・・・一つ・・・」文はクッキーを一つ手に取って恐る恐る口に放り込む

軽快な音とともにかみ砕かれたクッキーは口内に一気に甘い味と匂いを広げていく

シンプルなクッキーだが、なかなかいい味わいだった

香りが際立つというべきだろうか、これが焼き立ての味なのだろうかと文は感心してしまっていた