パチンコ しめ打ち

パチンコ しめ打ち

彼女が微笑みながら右手を振り上げると、車体の正面に搭載されている2つの砲塔と、中央に居座る巨大な砲塔が旋回して、俺たちへと砲塔を向けた

 あれは有人型なのか? それとも、シャール2Cのように制御装置を搭載した無人型なのか?「分かってるのか!? メサイアの天秤で願いを叶えるには対価が―――――――」『知ってますよ、そんなこと』「知ってるならどうして止めないの!? このままじゃパパが何かを失うんだよ!?」 何かではない

自分の命そのものを失うのだ

 本当のリキヤを生き返らせるために

『―――――――ええ、知ってます

でもそれを覚悟しているからこそ、あの人は天秤を欲するのです

だから私は、あの人の願いのために邪魔者を排除するだけです』 宙に浮いた幽霊の少女が腕を振り下ろし、巨大な多砲塔戦車に機銃を放つように命令を下す

中央のT-90MSの砲塔に搭載された重機関銃―――――――おそらく14.5mm弾だろう―――――――とBTR-90に搭載されたPKT機関銃が火を噴き、俺とラウラの目の前にある石畳に穴を穿つ

あなたも好きかも:ゲッツ 公約 パチンコ
 俺たちを狙ったわけではないようだ

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ パンク
威嚇射撃という事なのだろうか

『最後通告です

武装解除し、直ちに本社から退去してください』「フィオナちゃん…………」『退去しないというのであれば、ここでT-35の餌食になってもらいます』 そんな警告で俺たちが逃げ帰るとでも思っているのか

 悪いが、モリガンの傭兵たちの遺伝子を受け継いでいるんだ