スロット テラフォーマーズ 設置店

スロット テラフォーマーズ 設置店

「……聞こえる

……速い鼓動

……、生きてる」 ぽつりぽつりと呟く声を聞きながら生美は表情を強張らせて真っ直ぐを見つめ、息を震わせていた

 ……これが、糸原の“暗”

 正直、恐怖で一杯だ

あまりの恐怖に、胸にキスをされているのだって気付かない

背中に回した手がホックを外したことも

しかし、このままでは終われない

あなたも好きかも:麻雀ゲーム おすすめ 無料
 生美は数回深呼吸をすると、背中を抱き寄せて胸を愛撫する糸原を見下ろすと、彼の頭を両手で左右からガシッと掴み、肩を震わせた糸原の頭を胸から離して背中を丸めて真顔で覗き込んだ

「しっかりしなさいよ!!」 突然怒鳴る生美に、糸原はビクッと肩を震わせてキョトンとした

あなたも好きかも:スロット 筐体 値段
「あんたっ……こんなことしてなんになるって言うの! あんたは本当にこんなことを望んでるの!?」 鼻息荒く、睨み怒鳴る生美に頭を左右から鷲掴みされ、固定された糸原はパチパチと瞬きを繰り返し、生美の左右の目を見つめる

あなたも好きかも:スロット やめる時 店員
「あんたが今まで何をしてきたかなんて知らない!! ……華音に何をしたのかなんて知らない!! ムカつくけどっ……ムカつくけどあんたそれじゃ駄目だってば!!」 叱り付ける顔が紅潮しだし、キョトンとしていた糸原の表情も次第になくなっていく

「何かを憎み続けたって駄目!! 自分を悪者にしようとしたって駄目!! そんなことじゃあ堕ちるだけだよ!! わかってんでしょホントは!! 悲しいって頭ではわかってるんだよホントは!!」 左右から掴んでいる頭を振って、怒鳴りながらも目に涙が浮かび出す

 ――糸原からいつも感じる恐怖

それは、自分も抱える恐怖だ

だから、触れると“爆発しそう”で怖くなる

 そんな自分と向き合わなければ、道は開けない

向き合った自分を叩き壊さないと